インテリアにおけるインダストリアル

「インダストリアルインテリア」や「インダストリアルスタイル」、「…テイスト」など、
インテリアシーンのカテゴリーとして耳にすることも多くなったのではないでしょうか。

インダストリアルイメージ

インテリアとしてのインダストリアルとは、単語の意味である「工業の~」や「産業の~」や、インダストリアル・デザインの「利便性が高く、量産できる工業的な…」という意味合いよりも、そこから派生したインダストリアルのイメージである、アイアンを使ったものや打ちっぱなしのコンクリートなど、無機質な素材感を活かしたシンプルで無骨さの強いものでシーン作りしたもの。
同じインダストリアルでもデザインとインテリアでは切り分けて考えられることが多いように思います。

インダストリアルインテリアとは

HOUSESTAND イメージ

ここ数年のインテリアテイストのトレンドシーンであるインダストリアル。
部屋はもちろん、最近ではカフェの外装・内装や流行りのDIYなどでも取り入れられ大変人気があります。

シンプルなものが多いので全てをインダストリアルテイストにしなくてもアイテムによって、他テイストのシーンと組み合わせて取り入れることができるので、その点も人気の理由となっています。

鉄製のアイテムが多く取り入れられているので、クールでかっこよく男性的なイメージがありますが、男性女性問わず注目を集めています。

インダストリアルにまとめるヒント

キーワードは「無機質な素材感」「無骨さ」
「ヴィンテージ・ユーズド感」。
キャッチ―で惹かれるポイントはむき出しのダクトや、ラフ感の強いヴィンテージのアイテムなど。
ただあるだけでは古ぼけた残念な印象にしかなりませんが、空間全体を使ってレイアウトするとそれぞれが活きて、無骨なイメージがシンプルで男前なお洒落にまとまります。

打ちっぱなしコンクリート
  • 「無機質な素材感」

    打ちっぱなしのコンクリート、
    ラフなレンガなどさわるとざらっとするような素朴さ...

  • 「無骨さ」

    装飾のないアイアン・サビ感、節の入った木材など...

  • 「ヴィンテージ・ユーズド感」

    古材や足場板、レザーなど使い込むほど味が出るようなもの...

インダストリアルアイテム素材

「アイアン」
インダストリアルな空間作りに外せないアイアン。
アイアンは小物から家具まで幅広く使われることが多く、異素材との相性も◎
とくに家具をアイアン×木材のものに統一すると部屋全体がまとまりやすく、ぐっとインダストリアルな雰囲気に。
アイアンカラーはシルバーからブラックまで、仕上げもマットやヴィンテージ加工がなされたものなど様々あります。フレームなどに使われることが多く、サイズは細いスポークからダクトのような太いものまでなんでもOK。ただし、ありのままの素材感が重要なので装飾が施されたものよりは、シンプルで過度に加工がされていないものがGOOD。
アイアンオーダーメード什器
「木材・古材」
アイアン×木材の組み合わせは抜群で、とってもお洒落。
プリントや突板も良いですが、インダストリアルテイストに合わせるならやっぱり足場板などの無垢材がカッコいい。
無骨さがキーとなってくるので狂いのない綺麗な木目よりも節が入ったものや、古材を合わせるとより強めの印象になります。決まった樹種はないですが全体的にニュートラルな色に塗装したもの、古材など。新品であってもヴィンテージ加工や、あえてラフな作りにしてユーズド感のあるものが◎
古材・足場板などは壁一面に貼ってむき出しにすると男前な雰囲気になります。
古材でデザイン
「打ちっぱなしコンクリート・レンガ」
インダストリアルインテリアには壁も重要になってきます。無骨でカッコいい印象に仕上げるのに白の壁紙ではせっかくの家具が浮いてしまいます。
インダストリアルな家具に合わせやすいのは、打ちっぱなしのコンクリートやごつごつとしたレンガがオススメ。とはいえ本物のコンクリートやレンガを取り入れるのは難しいので、コンクリート調などの壁紙を貼ると一気に男っぽく荒々しい印象に。コンクリートとレンガの両使いにしても相性がいいです。
キッチンやランドリーなどの水回りにはサブウェイタイル・メトロタイルが◎リメイクシートなどもありますが、本物のタイルで裏がシールになっていて自分で貼れるタイルシートもあるので、誰でも簡単にDIYできて本格的な仕上がりになります。
レンガイメージ

照明

照明
空間作りに照明は欠かせないマストアイテム。

ダクトレールはペンダントライトをつけるのに便利で、
むき出し感もあってテイストマッチします。

レトロ球や電球を見せるシェードが
インダストリアルの演出にぴったりです。
チェーンのコードを使うと
ごつごつ感が際立ってカッコいい。

インダストリアルインテリアに植物は必須!

インテリアグリーン
重厚感のあるアイテムが多いので、揃え固まって暗い印象になることも・・・そんな時には「グリーン」を増やすと◎

 グリーンを取り入れることで、重厚感を抑えてくれて心地いいバランスにしてくれます。
種類や置く場所に困ってもブリキや、流木などに植え替えると馴染みやすいので、お好きな植物でOK。

水やりや育てるのに不安な方はエアープランツや、多肉植物がおすすめです!
エアープランツ
グリーンとインダストリアル家具
 ~植物の取り入れ方ヒント~
  • 家具などの間が空いているところや、あまりがちな部屋の角には背の高めのグリーン
  • ディスプレイシェルフやカウンターには小ぶりなグリーン・エアープランツ
  • 壁付け棚や高いところにはアイビーやワイヤープランツなどツル状の観葉植物を垂れ下げる
  • 天井からいくつか吊り下げるだけでインテリアに
応用編テイストミックス
インダストリアルに挑戦したいけど難しい、もう少し重くない印象がいい・・・
という方には、インダストリアルと別テイストのかけ合わせがオススメ。
 
例えば、
インダストリアル×北欧や、インダストリアル×モダン、ナチュラル…など。

今のおうちのテイストにインダストリアル要素を取り入れて、 アクセントに使うとGOOD。
全て揃えなくても、 ちょこっとアイテムを足すだけで印象も変わります。
  • 北欧インダストリアルイメージ
  • インダストリアル×北欧
    明るくやわらかな北欧スタイルに、
    インダストリアルのアイテムを混ぜることで、程よいスパイスに。
    北欧スタイルはナチュラルで清潔感のあるイメージなので、合わせるアイテムは重厚感があるものよりも、細いアイアンフレームのものが違和感なく馴染みます。
    アイアンのバスケットなど小物からだと取り入れやすいです。
  • インダストリアルモダンイメージ
  • インダストリアル×モダン
    シックでモノトーンなモダンスタイルに、
    毛色を合わせてシルバーアイテムを取り入れる。
    白・黒・グレーなど大人な色使いなので、シルバーやマットブラック色のアイアンアイテムがマッチします。

    シェルフや、フロアスタンドなど手軽なものから挑戦してみてみるのもいいかもしれません。
いかがでしたでしょうか。

一見難しそうなインダストリアルインテリアですが、小物やフレームをアイアンのものに変えるなど、取り入れ方によっては溶け込みやすくかっこよく垢抜けた印象に簡単にできちゃいます。
素材感や、色のメリハリもあるので、どこを切り取っても様になるのも魅力です。性別問わず人気のインテリアなのでヴィンテージ品など、無骨なのに愛着がわくようなアイテムを見つけたら、臆せずぜひ挑戦して自分の思う他にはない空間作りに取り入れていただければと思います。
© 2020-2021 HOUSE STAND inc.
© 2020-2021 HOUSE STAND inc.